検索キーワードが「(not provided)」な件

あんまり話題にされていないけど、3月から Google Analytics で見たときに検索キーワードが「(not provided)」と表示される訪問が増えている。Organic 検索全体の 20%弱もある。まあ、うちは Google 経由が 7割超ってこともあるけれど。 知らない人のために書くと、「(not provided)」と表示されるのは Google がプライバシーに配慮してログインユーザーが検索する時は SSL を使うのをデフォルトとしたため (参考情報)。確かに自分も他人に見られたくないような検索をすることがあるし、そういうときの検索結果には胡散臭いサイトも含まれていることも多いんで、安易にキーワードをサイトに教えたくない。そういうときだけ簡単にキーワードを隠せる仕組みがあると嬉しいけど、一般ユーザが切り替えて使ってくれるかというと厳しい気もする。 サイト管理者の立場だとこれ以上「(not provided)」が増えないで欲しいな。バランスが難しいところだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*