テスト用 WordPress のインストール

家の Fedora 16 にテスト用 WordPress 環境を構築してみた。まずはパッケージのインストール。

# yum install wordpress
# yum install mysql
# yum install mysql-server

引き続き root で MySQL を起動してデータベースとそのユーザーを作成。

# systemctl start mysqld.service
# mysql
mysql> create database wordpress character set utf8;
mysql> grant all privileges on wordpress.* to username@localhost identified by 'password';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

とここまでやって WordPress 日本語版があったことを思い出した。wordpress-3.3.1-ja.zip をダウンロード展開し、RPM にならって /usr/share の下に wordpress-ja となるようにした。おおざっぱに書くと下のような感じ。

# mkdir /usr/share/tmp
# cd /usr/share/tmp
# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.3.1-ja.zip
# unzip wordpress-3.3.1-ja.zip
# mv -i wordpress /usr/share/wordpress-ja
# cd ..; rmdir tmp

で、仕上げ。

  • /etc/httpd/conf.d/wordpress.conf の編集 (パス変更)
  • /etc/share/wordpress-ja/wp-config.php から /etc/wordpress/wp-config.php へリンク

wp-config.php についてはデータベース関係 (DB_NAME, DB_USER, DB_PASSWORD) と WPLANG を変更

define('WPLANG', 'ja');

Apache を起動して、

# systemctl start httpd.service

http://サーバ/wordpress/wp-admin/install.php にアクセスし、インストールして無事完了。 おっと、次回の起動時のためにサービスを enable しておいた方がよいか。

# systemctl enable httpd.service
# systemctl enable mysqld.service

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*