WordPress 固定ページ一覧の内容のカスタマイズ

固定ページ一覧が表示されるテンプレートがある。Twenty-Ten も Ktai Style も初期設定は固定ページ一覧がメニューとして表示される。でも、固定ページはブログ記事と違う使い方をしていることが多いと思うので、一覧が表示されちゃうと違和感があったりするんじゃないかな。 Ktai Style なら header.php の中で設定されている $ks_settings['list_pages'] に include や exclude オプションをつければ良い。以下は ID が 874 と 802 のページのみ表示する例。

$ks_settings['list_pages'] = 'sort_column=menu_order,post_title&include=874,802';

Twenty-Ten は header.php で wp_nav_menu を呼んでいて、メニューを作っていないと wp_page_menu が呼び出されて固定ページ一覧が表示されちゃう。マニュアル見る限りでは wp_nav_menu を呼ぶときに include とか exclude を入れておけばそのまま wp_page_menu に渡してくれそうだけど、そんなことをする位だったらメニュー作った方が良いと思う。 ドロップダウンメニューだって作れるわけだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*