URL 変更時の罠

WordPress の固定ページに「親」という設定項目があったので、これを変更。で、気に入らなかったのでこれを元に戻すと該当ページがアクセス不可に。Firefox によると「このアドレスへのリクエストに対するサーバの自動転送設定がループしています。」だと。 これは Redirect プラグインの「Automatically add a 301 redirection when a post's URL changes」とかいう機能のせい。Redirect プラグイン設定画面で「グループ」の「Modified Posts」というところに「元URL→変更URL」と「変更URL→元URL」という2つのルールができている。そりゃループになるよ。 ちなみにデータベースだと wp_redirection_items 表にレコードができる。設定画面で削除できるので直接いじる必要はないけど。 あと、この動きを止めるようなオプションは見当たらない。ソースいじるのは面倒なので、編集時に気を付けることにする。これを止めるには、プラグインの設定ページで「設定」-「URL モニタリング」を「モニターしない」にすれば良いようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*